<< 映画備忘録:「オデッセイ」 / 「X-ミッション」 / 「ルーム」 | home | 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

映画備忘録:「レヴェナント:蘇えりし者」 / 「10 クローバーフィールド・レーン」 / 「疑惑のチャンピオン」

引き続き映画の備忘録でございます。しばらくお付き合いくださいましね(^^ゞ


レヴェナント:蘇えりし者(2016年4月公開)

レヴェナント
レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で第87回アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作に、荒野にひとり取り残されたハンターの壮絶なサバイバルを描いたドラマ。主演のディカプリオとは「インセプション」でも共演したトム・ハーディが主人公の仇敵として出演し、音楽には坂本龍一も参加。撮影監督を「バードマン」に続きエマニュエル・ルベツキが務め、屋外の自然光のみでの撮影を敢行した。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞など同年度最多の12部門にノミネートされ、ディカプリオが主演男優賞を受賞して自身初のオスカー像を手にしたほか、イニャリトゥ監督が前年の「バードマン」に続いて2年連続の監督賞を、撮影のルベツキも3年連続となる撮影賞を受賞した。狩猟中に熊に襲われ、瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス。狩猟チームメンバーのジョン・フィッツジェラルドは、そんなグラスを足手まといだと置き去りにし、反抗したグラスの息子も殺してしまう。グラスは、フィッツジェラルドへの復讐心だけを糧に、厳しい大自然の中を生き延びていく。
映画.comより

いやー、もう凄まじいのなんのって、ディカプリオ他俳優陣の皆さんが良く撮影に耐えられたな、と感心しますよ。ディカプリオが熊に襲われるシーンなんて、熊がCGだどうだなんて演じている側には関係なさそう。もしワタクシがディカプリオだったら、普通に10か所くらい骨折して病院行きですよ。暖を取るために、仕留めた鹿の内臓を引きづり出し、まるで布団のように鹿の中に潜るシーンなんて、ありゃどうみてもCGじゃなくて実際にやっていますヒー! また、全編を通じてカット割りが少ない長尺のシーンが多く、まるで極寒の地にワタクシもいるようなもの凄い臨場感です。157分という長い映画ということも手伝って、観終わったらゲッソリ。観たのは良かったけど二度と観たくない映画っつーヤツでした(^_^;)


■10 クローバーフィールド・レーン(2016年6月公開)

10クローバーフィールドレーン
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の監督で、ハリウッドきってのヒットメーカーとして知られるJ・J・エイブラムスがプロデュースした謎のSFサスペンス。恋人と別れた女性ミシェルは車を運転中に事故に遭い、気を失う。気が付くと見知らぬシェルターの中で目を覚まし、そこには「君を救うためにここへ連れてきた」と話す見知らぬ男がおいた。男はシェルターの外の世界はすでに滅びたと主張し、ミシェルと男の奇妙な共同生活が始まるのだが……。ミシェル役は「ダイ・ハード」シリーズでジョン・マクレーンの娘ルーシー役を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。監督はこれが初長編作となるダン・トラクテンバーグ。脚本に「セッション」のデイミアン・チャゼル、製作総指揮に「クローバーフィールド HAKAISHA」のマット・リーブスが参加。
映画.comより

何が何だか分からないまま、ハナシが進んでいきます。女性がどこだか分からないシェルターに監禁されてスタートしたからにはさぞかしR18的な展開になるのかと思いきや、男たちは別に手を出すワケでもないし、話していることは突拍子もないけど真実のような気がするし、そもそもあの「クローバーフィールド HAKAISHA」(詳しくはクリック)の続編なのか、関係が有るのか無いのかも分からないし。で、時々小さ目の出来事が起きて疑念が更に高まってきたと思いきや、一気に真実(っぽいこと)が明らかになり、それからクライマックスまで怒涛の展開を見せるあたり、なかなか見事でしたね。単純に面白かったです。最後まで「クローバーフィールド HAKAISHA」との関連性は分かりませんでしたけど。なんでこんな題名にしたんでしょ。因みに上記ポスターはネタバレになっていると物議を醸していましたね(-_-)


疑惑のチャンピオン(2016年7月公開)

疑惑のチャンピオン
長年にわたるドーピングにより、自転車競技界から永久追放を受けているロードレース選手ランス・アームストロングの栄光と転落の人生を映画化。イギリスのサンデー・タイムズ紙記者によるノンフィクションをベースに、「クィーン」のスティーブン・フリアーズ監督が描いた。25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成したランス・アームストロング。ガンで苦しむ多くの人々に勇気を与え、競技外ではガン患者を支援する慈善活動に尽力するアームストロングは、人々から賞賛を集める、まさにスーパーヒーローだった。しかし、1人のジャーナリストの追及により、アームストロングの衝撃の事実が次々と明らかとなる。アームストロング役に「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」「ザ・ブリザード」のベン・フォスター。
映画.comより

長年ランスに機材を提供していたTREKのロードバイクに乗っているワタクシとしては、そりゃ当然観に行くでしょう。とはいえドーピング事件の詳細は知らなかったので、連戦連勝しているとはいえ力の衰えを感じてきたランスがとうとう禁断の薬物に手を出す… みたいな展開だと思っていたら、全然違うじゃないですか。最近はこんなニュースも流れましたし(詳しくはクリック)、残念ながらなかなかドーピングと縁が切れないロードレース界において、仮に当時他チーム・他選手を出し抜くための当然の戦略であったとしたら、ランスの行動はモラルの問題とかと言った単純なモノじゃないということを痛感しました。映画としては、とっても楽しめましたよ(^^♪

 

JUGEMテーマ:映画の感想

Posted by けーすけ | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://cocolo-pikan.jugem.jp/trackback/1261
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/26)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    マサシI (03/25)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/06)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    ribo (03/06)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/05)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    ribo (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    けーすけ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    けーすけ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    こぉ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    ぷりん (03/03)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
About Blog
Access Counter
PROFILE
LINKS
OTHERS