スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

これぞ大人を子供にかえすクルマ♪ ルノー・カングー試乗記

そういやルノー・カングーにちょっとだけ試乗したのです。1.6NAを積むZENというグレードに。C4を12カ月点検に出した時、最寄りの駅まで送ってくれたんですよね。ホントは代車を貸してほしいところですが、まーそこは置いといて。で、送ってくれるクルマがカングーだったので、ぜひワタクシに運転させてヨとお願いしたのです(^o^)丿

ルノー・カングー 1
↑この写真を見ているだけで、あがるあがる♪
「ルノー」webサイトより

いやー、ドライバーズシートに座った瞬間から目の前に広がる、このカングーワールド。ちょっと前の方に屹立している縦にも横にもだだっ広いフロントガラス越しに見る景色は、ミニヴァンとも違う独特な開放感を醸し出しています。前面から押し寄せる空気の塊を後方に流すのではなく、ばばんと受け止めるような頼もしさ。ああーん、否が応でもワタクシのハートをくちゅくちゅさせてくれるじゃないですか(^^♪

ルノー・カングー 2
↑強いて言えば、中型トラックに似た開放感でしょうか(←チョー褒めています)
「ルノー」webサイトより

リヤシートに収まるカミサンを見ると、でっかい空間にちょこんと座っている感じ。観音開きのラゲッジスペースなんて、詰め込めないものを考える方が難しいですよ。リヤシートを倒せばロードバイクだって余裕のよっちゃん。えー、このドでかい空間で全長はたったの4,280mmしかないの? ワタクシのC4と指先くらいしか全長が変わらないだなんて、信じられなーいヽ(^。^)ノ

ルノー・カングー 3
↑バックミラーに映る、ボディ同色のリヤハッチが良い感じじゃないですか。
「ルノー」webサイトより

走らせてみると、はっきり遅いっす。ちょこんと踏んでいるつもりのアクセルをべた踏みにしても、加速がちーとも変わらないのには目がテンに。まぁこのボディに1.6リッターNAじゃこんなもんでしょ。現在開発中という1.2リッターターボのデュアルクラッチ付きに期待ですね。乗り心地は良好、ハンドリングは短い試乗じゃ全然分かりませんが問題があろう筈もなく(^−^)

ルノー・カングー 4
↑この広さったら! タイヤを外すことなくロードバイクを余裕で飲み込めます。
「Goo WORLD」webサイトより

…なんてことをウダウダ考えるクルマじゃないんですよね、このカングー。大きなおもちゃ箱にエンジンとタイヤをくっつけたような、ワタクシの内面に眠る少年の心をくすぐるワクワク感ったら、もう。室内のあちこちにある収納スペースを見ているだけで、ここにはアレを置いて、ここにはアレを隠して… という想像が止まりません(^_^;)

スズキ・ジムニーに乗った時にも感じた、まさにオンリーワンならではの得がたい価値。こういうことをきちんと見抜いたカングーのオーナーさんは、人生を楽しく過ごす術をしっかり身につけた、本当にステキな方たちなんだろうなぁ、と思います(≧▽≦)b

シトロエンC3ピカソ
↑シトロエンもC3ピカソを日本に導入してくれればいいのにー。一定のファン層を獲得できると思うのですが。

 
JUGEMテーマ:憧れの車
Posted by けーすけ | comments(2) trackbacks(0)

大好きなシトロエンC5の日本販売終了に目から汗が

先日ですね、仕事の最中にシトロエンからダイレクト・メールが届きましてね。大抵のDMは黙ってゴミ箱行きですが、シトロエンからなら別ですよ。仕事の息抜きになるってものです。さて、どんな内容なのかしら。わくわく(^^♪

impressed_01
創世記から続くシトロエンの哲学「独創と革新」が深く息づくクルマがここにあります。シトロエンC5ファイナルエディション。ハイドラクティブ轡廛薀好汽好撻鵐轡腑鵝⊂綣舛気魑罎瓩織ぅ鵐謄螢◆▲僖錙爾噺率を誇るパワートレインなど優れた基本性能と響き合い、他にはないプレステージカーとして存在感を放ちます。セダンとツアラー各30台だけの提案です。


_| ̄|○ ファイナル エディション…


ワタクシの愛車はシトロエンC4。旧型の方ですが何か問題でも。当然のことながら、シトロエンC5は一目置いた存在だったのです。その前の愛車はプジョー406ブレークで、あのラゲッジスペースの広さを懐かしく思うシチュエーションもあり、正統派ステーションワゴンのシトロエンC5ツアラーなんてぶっちゃけ憧れだったのですよねー。なのに、もう新車では買えないのかー。懐事情で新車が買えるはずもないワタクシも、もー寂しい限りですよ(T_T)

それになんつっても、日本で発売している唯一のハイドロ搭載車ですからね! 営業さんに訊いたら、フランス本国でも今後はハイドロモデルではなくて、金属バネモデルを主体にしていくとのこと。昔友達やお隣さんがエグザンティアに乗っていて大絶賛していたのを思い起こせば、シトロエン乗りとしてはいつか味わってみたかったのになー。まぁ中古車を買えば味わえるってハナシではありますが(^_^;)

…それにしてもC5の販売が終了したら、日本で売っているDSブランド以外のシトロエンブランド車は、C3・C4・C4ピカソ・C4グランドピカソしかありませんよ。なんだか寂しいなあ。だって本国のシトロエン車のラインナップはこんなにあるんですよ(@_@;)

本国ラインナップ1
本国ラインナップ2
本国ラインナップ3
シトロエンwebサイトより

DSブランド車を抜かしても、この充実ぶりですよ! 日本でも早くC4カクタスを導入してラインナップを充実して欲しいもんです。だって、なんだかオペルの悪夢がドタマをよぎるんですもん。まー幾らなんでもそれは無いとは思いますけどさ(>_<)

 
JUGEMテーマ:憧れの車
Posted by けーすけ | comments(0) trackbacks(0)

フランス車ならではの問題点さえ解消できれば! 新型シトロエンC4ピカソ試乗記

新型シトロエンC4ピカソを見に行ってきました。7人乗りのグランドピカソではなく、5人乗りの方です(^^)/

この駄ブログを読んでくださっている方はご存知かもしれませんが、ワタクシ最近ロードバイクに嵌っておりまして。今まではミニヴァンはまーったく興味が湧かなかったのですが、いきなり次期愛車はロードバイクを気軽に運搬できるというのが加点要素となりまして、俄然このC4ピカソに興味シンシンになったのです。とは言ってもC4グランドピカソとは違い、このC4ピカソはミニヴァンというよりは背が高いハッチバックという、唯我独尊的なジャンルだとは思いますが(@_@;)

新型C4ピカソ 1
↑新型シトロエンC4ピカソ。このイメージカラーである「ルージュ ルビ」って何ともステキ。

実車を見るのは、去年のフレンチブルー・ミーティング以来ですよ。だって街中を走っているのを未だに見たことないんだもん。いやあ久しぶりだねぇ、C4ピカソ君! 間近にすると、相変わらずの凝縮感が素晴らしいです。ミニヴァンとは思えない後部のオーバーハングの短さがスポーティ感を醸し出していますね。全長が4,430mmしかないとは思えないほどの存在感ですよ(^。^)

新型C4ピカソ 2
↑リヤからの角度は、ピカソならではのアイデンティティを感じますよね。

さーて、今のワタクシに肝心なのは、全長約160cm/全高約100cmのロードバイクを積めるかどうかですよ! 後部座席を畳んでもらいラゲッジスペースの長さをメジャーで測ると、約170cm。しめしめ、全長はクリアじゃないですか。全高は… 惜しい、約90cm。でもサドルを抜くか下げれば、何とか収まりそうな気配です。いきなりラゲッジを測りだしたワタクシを怪訝そうな目で見る営業さんを尻目に、心躍るワタクシヽ(^。^)ノ

新型C4ピカソ 3
↑リヤシートを2席畳むと、ロードバイクを2台積めそう。
webCGより

フロントシートに収まると、国産ミニヴァンほどではないにしろ、ミニヴァン的な着座位置の高い視点が得られます。コックピットもシトロエンらしい個性をきちんと持ちつつ、実にモダン。3種類ある中から選べるメーターパネルは、どれもリアルというよりはCGならではの楽しさを求めているのが、フランス車らしいですよね(^^)

シート周りは意外とタイトな印象で、国産ミニヴァンとは違う心地良い包まれ感がありますね。左右のシートの間には、下の方にあるボックス以外には何もないので、いつも左手をシフトレバーに置いておいて右手一本でステアリングを操作しているワタクシには、左手が手持無沙汰ではありますけど(^_^;)

新型C4ピカソ 4
↑先代C4ピカソの正常進化、ってな感じでしょうか。
webCGより

ポジションを合わせてスライド可能なリヤシートに移ると、んもう素晴らしい居住性。スライドを一番前にしても、身長179cmのワタクシでも膝周りがフロントシートに食い込まなくて済みます(もしかしたらワタクシの座高が高いのかもしれませんケド)。3席あるリヤシートは独立しているので、どれも同等の座り心地。ならば、リヤシートの特等席はなんといっても中心ですよ! ここなら見晴らしの良い前方の空間と巨大なパノラミックガラスルーフが相まって、リヤシートとは思えないほどの開放感なんですもん(≧▽≦)

新型C4ピカソ 6
↑中心のシートの取り合いになること、間違いなし!

それでは試乗してみましょうか! うおお、ステアリングが軽い〜。ワタクシのC4とは違って、指一本でステアリングをクルクル回せそうです。さすが電動パワステ。正直イマドキの良くできた他社の電動パワステのクルマと比べるとその出来は平均的で、好みからすればもうちょっとロードインフォメーションが欲しいところですが、特に年配の方や女性にとっては国産車からの買い替えでも何ら違和感を感じないでしょう(^o^)丿

それよりこのC4ピカソ、剛性感がハンパないです。なんてガッチリしているんでしょうか。しかも如何にもドイツ車的な剛性感とは違い、ショックをやんわりと受けとめつつ流していくような、何とも懐の深い乗り味なのです。乗り心地なんてフランス車ならではのものでステキだし、静粛性も文句無し! んもう高級感さえ感じさせます(^^♪

またコーナリングが気持ち良い。国産ミニヴァンに有り勝ちな腰高感なんて皆無ですし、コーナリング時の中心がちょうどお尻の下にあるような、バランスの高さが印象的じゃないですか。ステアリングもシャープだし。今回の試乗コースにはありませんでしたが、これなら箱根辺りを走り回ってみたいですね。またゼニスウィンドゥ… じゃないのね、スーパーパノラミックフロントウィンドウの視界の良さったら、もう。フロントガラスが長いというよりは、自分がフロントガラスに張り付いて運転している気になってきます(^−^)

新型C4ピカソ 7
↑この開放感っていったら、オープンカーに近いものがあります!

お馴染みのBMWと開発した1.6リッターターボも、車重1,480kgのピカソには必要充分という感じ。するするするっと加速させます。エンジン音は特に色気もありませんが、実用エンジンとしては適切でしょう。アイドルストップは、エンジンのON/OFF時のショックなどは良く出来た国産車には及んでいないかな(>_<)

待望の6ATも、フランス車的なシフトダウンスケジュールが与えられていて、思わずニンマリしちゃいます。ワタクシのC4には顕著なシトロエンならではのクセのあるブレーキも、新型C4ピカソに至ってはかなり普通になってきました。これなら他社からの乗り換えでも何ら問題ありませんねぇ(^o^)

因みにこのC4ピカソは、日本ではワングレードなのですが、ナビ&ETC以外は装備は至れり尽くせり。日産顔負けの360°ビジョンなんてのも標準で付いていますがな。ドライバーズシートに座ったら通常のバックミラーの他に、もう一つ小さなバックミラーが付いていてビックリしたのですが、これはリヤシートに座ったお子さんなどをチェックしたりするためにあるとのこと。如何にもフランス人らしい気遣いじゃないですか(^^ゞ

新型C4ピカソ 8
↑フランス車とは思えないほどハイテクです〜。
webCGより

新型C4ピカソ 5
↑バックミラーが二つあれば、そりゃビックリしちゃいますってば。

いやあ、相変わらずペットボトルの置き場が無いなど細かいケチを付けたいところもありますが(※その後ペットボトル置き場がある旨ご指摘をいただきましたスミマセン〜)、シトロエンも良い意味で実に洗練されてきたなぁ、という印象です。先代308なんてのはホントにドイツ車リスペクトてな感じのクルマ作りでしたが、最近デビューしたクルマはどれもフランス車ならではのスタンスを見極めたうえでの機能的な進歩を果たしており、フランス車好きとしては嬉しい限りなんですよね(^v^)

だから後は、福沢諭吉軍団はともかくとして、ワタクシ的な問題点は自動ブレーキがないことだけなんだよなあ。ワタクシの次期愛車には是非自動ブレーキを装着したいと思っているので、是非とも早々にリリースして欲しいと思っておりますよ! でもワタクシが知る限り、日本で発売されているどのフランス車にも装備されていないんです…(-_-;)

 
JUGEMテーマ:憧れの車
Posted by けーすけ | comments(6) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/26)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    マサシI (03/25)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/06)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    ribo (03/06)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/05)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    ribo (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    けーすけ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    けーすけ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    こぉ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    ぷりん (03/03)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
About Blog
Access Counter
PROFILE
LINKS
OTHERS