スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表

ワタクシが本駄ブログの更新をさぼっている間に、あんなコトやこんなコトやそんなコトをしでかしやがり、またそれに輪をかけるようなコトまでしやがった三菱自動車。この駄ブログには「クルマ(三菱)」というカテゴリーがありますが、思わずそれらの記事をまとめて消したろうかと思っちゃったじゃないですか、まったくもう(-_-;)


そんな三菱が、えーもう何年振りなんでしょ? ひっさっしっぶっりっに今年のジュネーブショーに向けて発表したのが、ブランニューのクーペSUV「エクリプス クロス」です(^^)/

 

エクリプスクロス 1
↑三菱エクリプス クロス。“エクリプス”って名前は久しぶりに聞きますね。


ダイナミックシールドを用いたフロントフェイスは良いんじゃないでしょうか。登場間もない頃と比較して、こなれてきた感じですよね。またリヤスタイルは個性的で、すっげーステキじゃないですか! 夜はさぞかし目立ちそう(≧▽≦)

 

エクリプスクロス 2
↑他のどのクルマにも似ていないのがスバラシイですよね〜!


しかしですね、どうにもワタクシが気になっているのはサイドなんですよ。なんかAピラーからルーフにかけて直線的に繋がるラインが、しっくりこないんですよね。クーペ的にリヤに向けて傾斜させるのが狙いだとしても、なんだかAピラーが妙に長い気がしません?

 

エクリプスクロス 3
↑突然折れ曲がったようなフロントドアの上部のラインがひっかかるんですよ。


同じ太さのクロームメッキがくるっと一周していて目立つせいか、そもそもグリーンハウスの造形がなんかギクシャクしていて、特に斜め前から見ると、まるで新興国メーカーがデザインしたような煮詰め不足を感じるんですよね…。写真ではなく実物では、印象が一変するのかもしれませんが(^_^;)

 

Concept XR-PHEV
↑「Concept XR-PHEV供廚離哀蝓璽鵐魯Ε垢離轡磧璽廚気髻△發Δ舛腓辰伴存修靴突澆靴った…。


このクルマのボディサイズは、全長4,405×全幅1,805×全高1,685mm。なんでもアウトランダーとRVRの中間にポジショニングするとのことですが、アウトランダーPHEVが4,695mm、RVRが4,355mmであることを思えば、その中間ってニッチ過ぎて微妙なような気がするんですけどワタクシ。ちゃんと棲み分けってできるの? 次期アウトランダーをもっとでっかくして、次期RVRをもっと小っちゃくするんだったら別ですケド(*_*)


パワートレインは1.5リッター直噴ターボ&8段スポーツモード付きCVT、2.2リッターディーゼルターボ&8段ATとのことですが、直噴ターボやクリーンディーゼルならライバルにもあるじゃないですか。それじゃ単に追いついただけの印象。三菱が唯一世の中をリードするPHEVを設定していないのはやっぱり疑問ですよ。せっかく久方ぶりに出すニューカマーなんだから、三菱がもっている武器を徹底して動員すべきじゃないのかしら(`´)

 

エクリプスクロス 4
↑内装は上手くまとまっていますね。質感も高そう。


スペックはともかく、スタイルなんかは写真だけでワーワー言っても仕方ありませんが、三菱の久しぶりの新車というからには、もうちょっと頑張ってライバル車をぶっちぎる強みを持たせて欲しかったと思うのが正直なところ。居住性には目をつぶっても、もっとクーペSUVの“クーペ”の部分をもっと引き立たせるとか(-_-)


だって、三菱のディーラーの前を通りがかると閑古鳥がカーカー鳴きわめいていて、そこで働いている人達がなんだかもうホントにかわいそうなんですもん。ワタクシの心配なんてよそに、エクリプス クロスが売れまくるのを願うばかり。そもそも発売時期もまだ明確ではありませんので、NSXみたいに発売前に鮮度が落ちるなんてことがなければいいんですけど(>_<)

 

エクリプスクロス 5
↑夜のエクリプス クロスはカッチョ良いですなあ!

 

JUGEMテーマ:憧れの車

Posted by けーすけ | comments(4) trackbacks(0)

映画備忘録:「レヴェナント:蘇えりし者」 / 「10 クローバーフィールド・レーン」 / 「疑惑のチャンピオン」

引き続き映画の備忘録でございます。しばらくお付き合いくださいましね(^^ゞ


レヴェナント:蘇えりし者(2016年4月公開)

レヴェナント
レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で第87回アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作に、荒野にひとり取り残されたハンターの壮絶なサバイバルを描いたドラマ。主演のディカプリオとは「インセプション」でも共演したトム・ハーディが主人公の仇敵として出演し、音楽には坂本龍一も参加。撮影監督を「バードマン」に続きエマニュエル・ルベツキが務め、屋外の自然光のみでの撮影を敢行した。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞など同年度最多の12部門にノミネートされ、ディカプリオが主演男優賞を受賞して自身初のオスカー像を手にしたほか、イニャリトゥ監督が前年の「バードマン」に続いて2年連続の監督賞を、撮影のルベツキも3年連続となる撮影賞を受賞した。狩猟中に熊に襲われ、瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス。狩猟チームメンバーのジョン・フィッツジェラルドは、そんなグラスを足手まといだと置き去りにし、反抗したグラスの息子も殺してしまう。グラスは、フィッツジェラルドへの復讐心だけを糧に、厳しい大自然の中を生き延びていく。
映画.comより

いやー、もう凄まじいのなんのって、ディカプリオ他俳優陣の皆さんが良く撮影に耐えられたな、と感心しますよ。ディカプリオが熊に襲われるシーンなんて、熊がCGだどうだなんて演じている側には関係なさそう。もしワタクシがディカプリオだったら、普通に10か所くらい骨折して病院行きですよ。暖を取るために、仕留めた鹿の内臓を引きづり出し、まるで布団のように鹿の中に潜るシーンなんて、ありゃどうみてもCGじゃなくて実際にやっていますヒー! また、全編を通じてカット割りが少ない長尺のシーンが多く、まるで極寒の地にワタクシもいるようなもの凄い臨場感です。157分という長い映画ということも手伝って、観終わったらゲッソリ。観たのは良かったけど二度と観たくない映画っつーヤツでした(^_^;)


■10 クローバーフィールド・レーン(2016年6月公開)

10クローバーフィールドレーン
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の監督で、ハリウッドきってのヒットメーカーとして知られるJ・J・エイブラムスがプロデュースした謎のSFサスペンス。恋人と別れた女性ミシェルは車を運転中に事故に遭い、気を失う。気が付くと見知らぬシェルターの中で目を覚まし、そこには「君を救うためにここへ連れてきた」と話す見知らぬ男がおいた。男はシェルターの外の世界はすでに滅びたと主張し、ミシェルと男の奇妙な共同生活が始まるのだが……。ミシェル役は「ダイ・ハード」シリーズでジョン・マクレーンの娘ルーシー役を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。監督はこれが初長編作となるダン・トラクテンバーグ。脚本に「セッション」のデイミアン・チャゼル、製作総指揮に「クローバーフィールド HAKAISHA」のマット・リーブスが参加。
映画.comより

何が何だか分からないまま、ハナシが進んでいきます。女性がどこだか分からないシェルターに監禁されてスタートしたからにはさぞかしR18的な展開になるのかと思いきや、男たちは別に手を出すワケでもないし、話していることは突拍子もないけど真実のような気がするし、そもそもあの「クローバーフィールド HAKAISHA」(詳しくはクリック)の続編なのか、関係が有るのか無いのかも分からないし。で、時々小さ目の出来事が起きて疑念が更に高まってきたと思いきや、一気に真実(っぽいこと)が明らかになり、それからクライマックスまで怒涛の展開を見せるあたり、なかなか見事でしたね。単純に面白かったです。最後まで「クローバーフィールド HAKAISHA」との関連性は分かりませんでしたけど。なんでこんな題名にしたんでしょ。因みに上記ポスターはネタバレになっていると物議を醸していましたね(-_-)


疑惑のチャンピオン(2016年7月公開)

疑惑のチャンピオン
長年にわたるドーピングにより、自転車競技界から永久追放を受けているロードレース選手ランス・アームストロングの栄光と転落の人生を映画化。イギリスのサンデー・タイムズ紙記者によるノンフィクションをベースに、「クィーン」のスティーブン・フリアーズ監督が描いた。25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成したランス・アームストロング。ガンで苦しむ多くの人々に勇気を与え、競技外ではガン患者を支援する慈善活動に尽力するアームストロングは、人々から賞賛を集める、まさにスーパーヒーローだった。しかし、1人のジャーナリストの追及により、アームストロングの衝撃の事実が次々と明らかとなる。アームストロング役に「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」「ザ・ブリザード」のベン・フォスター。
映画.comより

長年ランスに機材を提供していたTREKのロードバイクに乗っているワタクシとしては、そりゃ当然観に行くでしょう。とはいえドーピング事件の詳細は知らなかったので、連戦連勝しているとはいえ力の衰えを感じてきたランスがとうとう禁断の薬物に手を出す… みたいな展開だと思っていたら、全然違うじゃないですか。最近はこんなニュースも流れましたし(詳しくはクリック)、残念ながらなかなかドーピングと縁が切れないロードレース界において、仮に当時他チーム・他選手を出し抜くための当然の戦略であったとしたら、ランスの行動はモラルの問題とかと言った単純なモノじゃないということを痛感しました。映画としては、とっても楽しめましたよ(^^♪

 

JUGEMテーマ:映画の感想

Posted by けーすけ | comments(0) trackbacks(0)

映画備忘録:「オデッセイ」 / 「X-ミッション」 / 「ルーム」

この駄ブログの更新をさぼっていた間の出来事は、備忘録としてなるべく記事にしたいと思っていたのですが、あーもー、ちっとも追いつきません。なので、映画についてはできるだけまとめて記事化していきます。ワタクシが観たということを後で思い出したいだけですんで、一口メモ的にね( ..)φ


オデッセイ(2016年2月公開)

オデッセイ
火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバルを緻密な科学描写とともに描いた、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化。極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望をもって生き続ける主人公マーク・ワトニーをマット・デイモンが演じ、「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画の傑作を残してきた巨匠リドリー・スコットがメガホンをとった。火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、火星を去ってしまう。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。
映画.comより

マット・デイモン演じるマークの能天気ぶりがステキ。火星に取り残されるという、これ以上無いっつーくらい絶望的な状況だというのに実に楽天的というか、「お前は植木等か」と突っ込みを入れたくなるようなのほほん振りなんですもん。そうそう、人間やっぱ諦めないことが肝心なんですよね。そんなことを再認識しながら、最後まで楽しく観られた映画でした。ちょっと気になったのは、時間の経過とマークの体型の変化がリンクしていないことくらいですかね。それにしても、最後にはあの国が何かと映画に登場する時代になっちまったか(-_-;)


■X-ミッション(2016年2月公開)

x−ミッション
パトリック・スウェイジ&キアヌ・リーブス主演、キャスリン・ビグロー監督による1991年の名作アクション「ハートブルー」をリメイク。サーフィンやスノーボード、モトクロスなどを用いたエクストリームスポーツが多数登場し、トップアスリートたちの生身のスタントによって迫力のアクションシーンを創出している。元アスリートの若きFBI捜査官ジョニー・ユタは、エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディが率いる超一流アスリート集団への潜入捜査という指令を受ける。ボーディ一味には、そのスキルを駆使した前代未聞の犯罪を実行している疑いがあった。命がけで潜入に成功したユタは、ボーディが犯罪の首謀者なのか、その証拠をつかむために捜査を続けるが、命知らずなアスリートたちと行動を共にするうち、ユタとボーディとの間にも信頼と友情が芽生え始める。
映画.comより

ウンチョスみたいな映画だったんですけど。この映画はCGを一切使わない、全てスタントマンが実際にそれらを行って撮影したってのが売り。でもね、これほどまでにCGが進化してしまい実写さながらになってしまうと、それが実際の命がけのスタントなのかPCでこしらえたCGなのかなんて、最早どうでも良いじゃないですか。人間が生身で演じていることを強調したいなら、ワケ分からんストーリーを無理矢理かませるんじゃなくてドキュメンタリータッチにした方が、よっぽど楽しめたんじゃないですかねぇ。あんなに頑張ったスタントマン達が気の毒です。因みに各国でチームを組んで撮影を頑張ったからなんでしょうね、エンドロールはワタクシ史上最長でした(>_<)


■ルーム(2016年4月公開)

ルーム
アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、息子とともに生きようとする母を熱演した「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが、主演女優賞を初ノミネートで受賞した。監督は「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが……。
映画.comより

んもー、感動的な映画でした。仲睦まじい母子のシーンから徐々に浮かび上がってくる違和感や、少しずつ判明してくる二人が置かれている状況に驚愕しながら観ていると、やがて始まる脱出劇にほっと一息。でもこの映画は真骨頂は、何とか脱出に成功して、さぁこれからは二人にとってハッピーな暮らしが待っているはず… と思ったその先なんですよね。人間ってそんなに単純なものじゃないんだな、ということを改めて認識しました。これは観て良かった! ジャックが脱出に成功し、走るトラックの荷台で横たわりながら生まれて初めて見る空を見つめるシーンの表情が、脳裏に焼き付いております(@_@;)

 

JUGEMテーマ:映画の感想

Posted by けーすけ | comments(0) trackbacks(0)

タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入

ワタクシは未だにシトロエンC4に乗っとります。走行距離はまだ42,000km程度ですが、さすがに7年以上乗り続けていると経年劣化が激しくなってきちゃいまして。でも先立つものがないので、後10年くらい乗っているかもしれません。いいんだいいんだ、室内高がたっぷりとか、ラゲッジスペースのパーテーションバーの使い勝手がベリーグーとか、良いところは結構あるし(^−^)

 

ブルーアース C4 1
↑ちょっとドアミラーの塗装がハゲてきちゃって。再塗装しようかしら。


でも結構不満もあるんですよ。その際たるものは燃費です。ただでさえハイオクだっつーのに、購入以来の通算燃費は8.88km/l。ヒステリーなまでに燃費競争を繰り広げている国産車とはえらい違いです。これを何とかしたいと思い、決意したのがタイヤを省燃費タイヤに換えることですよ! ちょうど昨年6月に車検を通した時、タイヤのゴムが劣化し過ぎててバーストするかもしれませんと脅されましたからね(-_-;)


てなワケで、愛車の足に選んだのはヨコハマの「BluEarth-A(ブルーアース・エース)」。詳しいスペックはリンク先を見ていただくとして、まぁ省燃費タイヤとしては定番でしょう(^^♪

 

bluearth
↑ヨコハマ「BluEarth-A」
横浜ゴムwebサイトより

いざ換えてみたら、走行フィーリングの変化にビックリ。今どき4速ATという軽自動車並みのミッションを積む我がC4は、アクセルオフでのエンジンブレーキがかなりのもの。それが、走行抵抗が減少したためそれがすっかり穏やかになってしまい、アクセルを抜いてもなかなか車速が落ちません。いや〜、こんなに違うとは。それまでの7年間で身体に染みついた感覚とのギャップが大きくてなかなか慣れず、ブレーキがかっくん気味になってしまい、カミサンにわーわー言われちゃったじゃないですか(^_^;)

 

ブルーアース C4 2
↑タイヤ交換中で、宙に浮いちゃったC4。スター・ウォーズEP4でルークが乗っていたランド・スピーダーみたい。


こりゃあ、さぞかし燃費は大きく改善されたでしょ! 購入後半年以上経過したので、そろそろ燃費を調べてみましょう。ワタクシはC4にガソリンを入れるたびに、その量や走行距離、燃費などをチマチマ手帳に記録しているんです。長めのドライブをした際は当然良い燃費になりますが、そういうこともメモっていますから、そういう特異値を排除することで市街地走行が主体のデータとなり、より正確な燃費のビフォーアフターが分かるってもんですよ、わっはっはー(≧▽≦)


それでは発表しましょう!(^O^)/


ブルーアース・エース購入前: 8.11km/l (20,276km走行分での計測)

ブルーアース・エース購入後: 7.52km/l (1,975km走行分での計測)


あ れ ? (@_@;)


…えーと、想定外の結果に驚いちょります。どうしてなんでしょ。理由… ちーとも思いつきません。最近チョイ乗りが多いような気もしないでもないですけど、そんなことは無いような気もしないでもないですし。まぁ燃費を計測するなら、まったく同一条件じゃないとダメということなんでしょう。でも前のタイヤはとっくに捨てちゃったから、もーそんなことできないもん。ま、省燃費タイヤを履いているんだからちょっとは燃費が良くなっているに決まっていると思い込むことにします。決まっているもんね(-_-)

 

ブルーアース C4 3
↑このアングルで見る愛車もステキ♪

 

JUGEMテーマ:French Car

Posted by けーすけ | comments(18) trackbacks(0)

サイコーの海が楽しめたんじゃないかと思われる老舗旅館 いなとり荘@伊豆 稲取音泉

伊豆の温泉に行ってきました… つっても行ったのはなんと一昨年の10月ですから、もう1年4ヶ月も前ですけど。そんな前のことを書くって、ブログとしてどうなのかしら(-_-)


まぁ備忘録ということでお許しくだはれ。この病で生死の境をさまよっており(←詳しくはクリックしてください)、いよいよ全身手術の日が近づいた時、「手術のあと二度と目覚めないかもしれないからその前に温泉に入っておきたいよ〜」とカミサンにさんざん駄々をこねて、「手術で金がかかるのに…」と愚痴をこぼされながらも行ってきたのです。宿は稲取温泉の老舗「いなとり荘」(^^)/


稲取荘 1
いなとり荘
所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1531
TEL:0557-95-1234


さー、ここがどんな宿だったのかはりきって思い出しましょう!(≧▽≦)

 

稲取荘 2
↑おおッ 客室からは海が一望できたんですね! 

稲取荘 3
↑いやー、海がこんなに近かったのかぁ。こんなに海近に泊まったのは初めてです。

稲取荘 4
↑この部屋何階だったのかしら? 下を見た写真だと海がこれほど間近。波が不安でクルマを移動しちゃった覚えが。

稲取荘 5
↑そうそう、この「湯っくら」という温泉の専用棟があったんですよ。フルチンで階段を上り下りするのが、楽しかったような違和感が有ったような。
「いなとり荘」webサイトより

稲取荘 6
↑ご飯はこういうところで食べたんですね。なんで誰も写っていないんだろ。

稲取荘 7
↑美味しそうなお刺身! さすが伊豆ですなぁ。

稲取荘 8
↑やっぱ伊豆に来たら金目鯛の煮つけでしょう。きっとウハウハ言いながら食べたに違いない。

稲取荘 9
↑うーん、なんだろこれ。アワビにしては小さいから、トコブシとか?

稲取荘 10
↑方角からすると、朝ですね。日の出は寝坊でもして見逃しちゃったんでしょう。アホだな〜。

稲取荘 12
↑なんだこの雑然とした朝食は! …と一瞬思いましたが、この様子だとビュッフェなんでしょうね。盛り付けのセンスが悪いなぁワタクシ。

稲取荘 11
↑おお〜キレイ! 雄大な海だったんですねぇ。


…ほおーら! 写真の感想を並べただけのグタグタな文章になってしまったじゃないですか。だいたい1年半近く前のことを、そんな詳細に覚えているはずもないでしょう、この老化しつつある脳みそが。だから、忘れないウチにすぐブログに書きなさいってんですよねー、バカバカ、ワタクシのバカーッщ(゚Д゚щ)


この駄ブログ、しばらくはこんな調子が続くと思いますが、どうか慢してくださいね<(_ _)>

 

多賀
↑帰りは蕎麦屋「多賀」で、かき揚げざるそばを食べたんですね〜、美味しそう!

 

JUGEMテーマ:温泉

Posted by けーすけ | comments(2) trackbacks(0)
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/26)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    マサシI (03/25)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/06)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    ribo (03/06)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    けーすけ (03/05)
  • タイヤを省燃費タイヤに換えたら驚きの結果に! ヨコハマ「BluEarth-A」を購入
    ribo (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    けーすけ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    けーすけ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    こぉ (03/04)
  • 諸手を挙げて喜んでばかりもいられない 三菱が「エクリプス クロス」を発表
    ぷりん (03/03)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
About Blog
Access Counter
PROFILE
LINKS
OTHERS